【今しかない】プラセンタ100無料お試しはこちら!こ、こんなに効くの?美容・健康にバツグンの効果と口コミ!

プラセンタとは

time 2016/11/06

プラセンタとは

プラセンタって何?

哺乳類の胎盤(たいばん)のことです。

胎盤に含まれる豊富な栄養素

未熟な胎児を一人前の人間に育てるために、胎盤は実にバラエティに富んだ栄養成分を蓄えています。
それらは、常に母親の血液から作り出され、胎児に供給され続けています。
その胎児の生理機能を刺させる栄養成分を紹介します。

胎盤に含まれる栄養成分を大きく分けると、次の8種類になります。

アミノ酸=たんぱく質の原材料ともいえる物質
タンパク質=胎児の血や肉の元となる主要な栄養成分
糖質=生理機能のバランスを整える
ビタミン=生理機能のバランスを整える
核酸=正常な細胞分裂や新陳代謝を担う。タンパク質の合成成分
活性ペプチド=アミノ酸が融合したもの。タンパク質の消化吸収を促す
ムコ多糖体=細胞や組織の結合部分の組成物質
脂質・脂肪酸=細胞は重要なエネルギー源であり、分解されてできた脂肪酸はさまざまな病気予防の効能がある

この8種類の栄養成分には、さらに各種の物質が含まれています。

アミノ酸 タンパク質の原材料とも言えるもので、ロイシン、リジン、バリン、スレオニン、イソロイシン、アラニン、グリシン、アルギニン など
タンパク質 アルブミン、グロブリン など
糖質 グルコース、ガラクトース、ショ糖 など
ビタミン ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン など
核酸 DNA、RNA、及び代謝産物
活性ペプチド アミノ酸の融合体をペプチドと呼ぶが、ガンの転移を抑制する働きを持つ活性ペプチドを数多く確認
ムコ多糖体 ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸 など
脂質・脂肪酸 コレステロール、パルミチン酸、ラウリン酸、ホスファチジン酸、ホスファーチジールエタノールアミン など

プラセンタ最大の栄養成分は成長因子
豊富な栄養成分を含む胎盤ですが、胎盤の持つ力で特に素晴らしい点があります。

出展:アンチエイジング サプリ全体についてはこちらのサイトがわかりやすいです。

down

コメントする




プラセンタの知識

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー